錦たん自己紹介

錦たん

▼ 弱きを助け悪をくじく、防犯と互助のシンボル

▼ 錦糸堀生まれの正義のヒーロー

時は江戸時代、錦糸堀で溺れていた河童の子供「錦たん」は、偶然通りかかった火付盗賊改方長官 長谷川平蔵に助けられました。
平蔵に憧れ火付盗賊改方の門を叩くのですが、河童の為にお役目には付けず…。
残念がる錦たんを憐れんだ平蔵は、剣術を教え、わが子のように可愛がりました。
平蔵の亡き後も、錦たんは強くたくましい正義の男を目指し、さらに剣術に磨きをかけました。

300年の時が流れた平成26年、河童でいう「成人」になったばかりの錦たんは、今は無き平蔵の形見「十手」を抱え悪をくじく正義のヒーローとして現れる。
錦糸町の平和をみんなで守るんだ!
kintan

▼ 性格・風貌

▼ 頭に乗っているのは胡瓜です

目がくりくりで可愛らしいが、夜回りや悪を取り締まるときは平蔵譲りの厳しさで臨むよ。
河童であいにく髷(マゲ)が結えないので、代わりに胡瓜を頭にのせているよ。(非常食でもある)
平蔵様の形見の十手を持っているんだ。
語尾に「っぱ」を付けるのが癖なんだっぱ。
10589736_702332499833492_748612673_n

▼ 趣味

▼ 歌っちゃうよ、踊っちゃうよ

ぼくは歌うのが大好き!
たまには踊っちゃうこともあるよ。
錦たんの小さな夢、それはCDデビュー!
応援してね!